しみ
におい
しわ
洗う
お手入れ
リサイクル
困ったときに
おしながきへ

し み
項   目
方   法
ナイロンたわしで毛玉取り
洗濯物の毛玉取りには、片面にナイロンたわしが付いた台所用のスポンジがピッタリ。スポンジを1度水につけてしっかりしぼり、ナイロンたわしの方で軽くこすります。他の布地から出た毛玉も綺麗に取れます。
コーヒーのしみの取り方
コーヒーのしみが衣服についた時はなかなか取れにくいものです。こんな時には、炭酸(ソーダ)で拭いてみて下さい。しみが綺麗に取れます。ただし、甘味料の入った炭酸飲料はダメですから注意して下さい。
コートの汚れを食パンで取る
新しいコートも毎日着ているとどうしても気になるのが何となく汚れてくる襟や袖口。 そんな時、厚めに切った食パンで丁寧にこすると、綺麗になります。「汚れたな」と思ったら、早めに汚れ落としを。
赤ワインのシミを抜くには
赤ワインでついてしまったシミは、すぐに白ワインでたたくと、かなり綺麗になります。それでも色素が残ったら漂白剤を使って下さい。
ブラウスの汗じみを取る

ワイシャツや、ブラウスを着る前に市販のスプレー式洗濯のりを腋の下や襟、袖口などに吹きつけておきましょう。洗濯すると、汗や汚れがのりと一緒に洗い流されて、汗じみや黒ずみが残りにくくなります。
服についた習字の墨を取るには?
習字の墨が、服に付いた時、ご飯粒を墨が付いたところに置きそのまま、服と一緒にもんで下さい。その後洗濯機で、洗うと取れます。
マニキュアでボタン長もちに 既製服もそうですが、縫いつけたボタンは取れてしまうことがよくあります。 既製服の場合も、縫いつけたボタンの場合にも、透明のマニキュアを薄く塗ってみて下さい。糸が固まって長もちします。
白いズック靴の汚れ取り 白い色の靴は、汚れが目立ちやすく、洗ってもなかなか元の白さに戻りません。洗ってよく乾かした後、布目にベビーパウダーをはたき込むと見違えるほど白くなり、次に洗う時に汚れが落ちやすくなります。
お茶 紅茶,コーヒー 汚れてすぐなら,ぬるま湯で取れます。水で取れなくなった場合は、薄いアンモニア水か、石鹸液で落ちます。
味噌汁,醤油,煮汁 ぬるま湯で取ります。取れない場合は,石鹸液,または水100ccの中にアンモニア茶さじ2/3杯を落とした液でたたきます。白物は漂白しても取れます。
酒,ビ−ル すぐなら水で拭き取って、霧でぼかしますが、においが残ったら石鹸液でたたきだします。取れない場合は、サク酸の10%の液でたたきだします。
果汁 ぬるま湯か石鹸液でたたきだします。古くなったシミには、漂白剤を、漂白剤は木綿、麻化織には次亜鉛素酸ナトリウム。絹や毛にはオキシドールを使います。
梅干,梅酢 色の付いているときは、アルコ−ルを使います。薄色のときは、水で洗ってからアンモニアの水溶液で落とします。
卵の白身・卵の黄身
いずれも熱を加えないこと。白身は石鹸液か、アンモニア液で洗いますが、その前に大根おろし汁に浸してから洗うとよく落ちます。黄身はベンジンで脂肪分を取り同様に行います。
チュ−インガム ガ−ゼに包んだ氷でカチカチに固めて布を傷めないように安全カミソリの刃で、削りとっておきます。これでも取れない場合は,ぬるま湯、ベンジン,アルコールなどで取り,後に輪じみが残ったら石鹸入りのぬるま湯でたたきだします。
アイスクリ−ム・生クリーム 石鹸液で取ります。水が使えないものの場合はアルコ−ルで取ります。熱湯や加熱は禁物です。
油,ココア・牛乳 熱湯や加熱は禁物です。なるべく早く処理すること。石鹸液かベンジンでとります。取れない場合は、ペプシン(酵素)を少し温めて塗りしばらくおいて水でゆすぐと取れます。
血液 熱湯や加熱は禁物です。水か石鹸液で取れます。または大根おろし汁でもみ、応急の場合は唾液を。5%のアンモニア水を使うとたいてい取れます。
襟あか ベンジンで脂肪分を除き、残る汚れは石鹸で落とします。
うみ ベンジンでふいて、石鹸液で洗います。
ベンジンで脂肪分を取り、木綿は石鹸液で洗ったのち水洗いを。 絹物はアンモニアを使いサク酸で中和します。それでも取れなかったら漂白を。プリント模様には、次亜鉛素酸ナトリウムを50〜100倍に薄めブラシに付けて、ぬらした汗じみの上を数回こすって、1〜2分後に手早く水でゆすぐことを何回も繰り返し行う方法もあります。

口紅

表面に軽く付いたのは消しゴムでこすっても落ちます。普通は石鹸液、アルコ−ルで落ちます。絹のときは水100ccにアンモニア茶さじ2/3杯を落とした液でたたきだします。
白粉 ベンジンで取ってから,サク酸液で洗って,水洗いします。
香水 すぐ取るときは水でたたきだします。日数がたったのは石鹸液を。 落ちないときは2倍にうすめたグリセリン、次に10%サク酸を使います。
アイシャドウ,ファンデ−ション ベンジンで取ります。残ったら、温かい石鹸液でもみだします。
マニキュア 除光液で取ります。だだしアセテ−ト,カネカロン,テビロンには使用禁止。
インキ 薄いシュウ酸液(水50ccにシュウ酸茶さじ1/4杯)を付け、さらにアルコ−ルとアンモニアを同量まぜた液を、下の白布に押しつけるように何回も塗ります。赤インクのときはシュウ酸のかわりにサク酸を。色物は色あせするので専門家に。
墨汁 水洗い後,ごはん粒と石鹸をねって,シミの裏側からぬりヘラでしごいて取り、石鹸で洗います。その後、白物は漂白。日数がたったものは取れにくいものです。
ボールペン アルコ−ルか石鹸でもだいたい取れますが、シンナ−がもっともよいです。ただしアセテ−ト、テビロンには使えません。
サインペン 石鹸液でもだいたい取れますが、シンナ−で取れます。
マジックインキ 除光液かシンナ−を使います。ただしアセテ−ト、テビロンには使えません。
朱肉 石鹸か、シンナ−やベンジンで取ります。
ペンキ シンナ−か、除光液を付けてこすります。
泥はね

乾かして、ブラシをかけ、はらい落とします。絹物はビロ−ドかフランネルで軽くこすります。取れなければ石鹸で取ります。

かび

新しいカビは、ブラシか布でとり除いた後、ぬれタオルで拭き取ります。小さいものはアンモニア液の湯気にあてます。アルコ−ルでも取れます。ダメなら漂白を。
草花の汁 アルコ−ルでよくもみ、色物にはサク酸液を使います。ダメなら漂白を。
鉄さび シュウ酸の温液を使います。
機械油 始めにベンジンで拭き取り石鹸で洗います。ひどいシミなら、あらかじめ石油で落としておくとよいでしょう。
はえとり紙 ベンジンで、丁寧に拭き取ります。
油性マジックが服に付いてしまったとき あらあら、マジックを服に付けちゃったのかい。そのマジック、油性かい。そりゃ、たいへんだ。油性マジックは、洗濯しても落ちないらねえ。油性マジックが付いちゃった時はね、まず、シンナーを浸した布で汚れた部分を叩くんだよ。その後にね、洗剤を溶かしたぬるま湯で、つまみ洗いをしてごらん。綺麗に落ちると思うよ。付いてから時間たっちゃダメだよ。すぐにやらなきゃね。
しょう油をこぼしたとき おやおや、しょうゆをこぼしたのかい?服やテーブルクロスに付いちゃったら、急いで拭かないと頑固なシミになっちゃうよ。まず、固く絞った濡れタオルで叩いたあとで、台所用の中性洗剤を薄めた液をかけて、拭き取るんだよ。これを数回繰り返せば、かなりきれいに落とすことができるよ。タオルで拭くときには、絶対にこすっちゃだめだよ。叩くようにね、拭くんだよ。
ソースをこぼしたとき ソースをこぼしたときは、とにかく急いで落とさないといけないよ。服に付いちゃったときの応急処置には、汗止めパウダーが効果的だよ。わきの下とかに使うやつだね。ソースで汚れてしまった部分に、パウダーを振り掛けると、繊維の奥まで染み込む前に、パウダーが汚れを吸い上げてくれるんだよ。汗止めパウダーは粒子が細かくて、吸水作用も抜群なんだよ。ソースの汚れがパウダーに染み込んだら、ブラシでよく払って、最後に濡れたタオルで叩くようにシミ落としをすること。こうすれば、跡を残さずに、綺麗に汚れを落とせるよ。
ワイシャツの襟の汚れを落とすには ワイシャツの襟元の汚れ、なかなか洗濯機じゃ落ちにくいよねえ。そういう汚れはね、石鹸か洗剤をつけたブラシで叩くといいんだよ。決してこすっちゃだめ。それから、洗濯機に入れる時にはね、必ずネットに入れてちょうだい。そうしないと、襟元が痛んじゃうからね。
口紅を落とすには 服に口紅がついちゃった時には、こすっちゃだめ。汚れている部分の生地の裏側から、ベンジンかアルコール、それが無ければマニキュアの除光液をたっぷり含ませたガーゼで、口紅が付いたところをよく叩いてごらん。そうそう、タオルかガーゼを下に敷いて、少しずつ動かして、綺麗な面をいつもあてておいてから、叩くんだよ。下の布に、色がつかなくなったらもう大丈夫。最後に汚れ部を揉み洗いするか、普通に洗濯するだけでも綺麗に落ちるよ。
ガム・あめ玉・チョコレートの汚れ ガムやあめ玉やチョコレートが服についちゃった時はね、ガムは慌てて引っ張ってもダメ。氷で冷やして、カチカチにして取るの。あめ玉は、水で気長にたたいて、大根おろしをくるんだガーゼをシミの部分に当てておいて、しばらくそのまま置いとくときれいに取れるわよ。チョコレートは、ぬれたタオルでできるだけ摘み取った後、洗剤で洗うと大丈夫。
インクの汚れを落とす方法 インクをこぼしちゃったらね、牛乳で湿らせたタオルで拭いて、その後、固く絞ったタオルで水拭きするといいんだよ。おちびさんたちのクレヨンのいたずら書きにはね、揮発性の油で拭くと消えてしまうよ。
ワイシャツの襟の汚れを防ぐ方法 ワイシャツの襟元の汗汚れが気になる時にはね、ちょっとした方法だけど、こんな方法があるよ。ワイシャツを着る前にね、市販の選択のりスプレーあるでしょ、こうしておくとね、洗濯する時に汗汚れが落ちやすくなるからね。洗濯のりスプレーを吹きつけるのが気に入らないようだったら、今度ためしてごらん。
上へ

に お い
項   目
方   法
スチームアイロンとコロンで、いい香り

洋服やハンカチから、ほのかに良い香りがするのはいいもんだよねぇ。自分も他人もさわやか気分。でも、香水をかけてしまうと匂いがきつすぎるし、生地が傷んだりシミができてしまうねえ。そこで、ちょうどよく香る方法を教えようかね。スチームアイロンの中に、香水を一滴たらすんじゃ。コロンならひと吹き。そうしてアイロンを掛けてごらん。ほら、ほんのりとついた香りが、さわやかじゃろう?家族の洋服にする場合は、プチサンボンのような石鹸の匂いのする香水が良いかねえ。香水だとは誰も気付かないよ。 デートのときは・・・お好みじゃな!!
簡単便利、服の消臭

服についたタバコや焼肉のにおい、それから防虫剤のにおい、とても気になるよねぇ。でも、クリーニングに出すのはもったいない、洗濯も今からじゃ乾かない。そんなときには、こんな手軽な方法はどうだい?まず外出先から帰ってきたら、すぐに洋服をハンガーにかけるんだよ。ハンガーに吊るして風通しの良い場所にかけたら、スチームアイロンでスチームをたっぷりとかけるんじゃ。湯気がにおいを吸い取って、嫌なにおいはたちどころに消えてくれるよ。あとは、そのまま湿気が飛ぶのを待つだけ。アイロンは、素材によって熱に適さないものもあるけど、衣服から離してかけるようにすれば、ばっちりじゃよ。洗濯可能な素材ならば、湯上りのお風呂場に20分ほど吊るしておくのもよいよ。そのあと、風通しの良い場所に干したら、しわもきっちり伸びるんじゃよ。ぺしゃんこのニットもふっくらとなるしねえ。アイロンのない旅行先でも便利じゃよ!
枕のにおい取り

枕に染みついたにおいって、嫌だねえ。カバーを取り替えたくらいじゃあ取れない場合があるだろう。それにはね、洗濯用の糊スプレーを使うといいんだよ。Yシャツの襟に汚れを付きにくくする要領でね、枕カバーと枕そのものにスプレーしとくと、汚れをはじいてくれるんだ。枕そのものを洗っちゃうってのも、効果的だよ。枕の中身がポリエステル綿やプラスティックビーズなら、絶対だいじょうぶ。羽毛入りや綿入りでも洗えるものもあるからね、表示をきちんと確かめてからやってごらん、さっぱりするから。ただし、そば殻枕は洗っちゃダメ。高いものじゃないから、ニオイが気になったら、中身のそば殻をを入れ替えることだね。枕は大きいから、洗濯機を使うんだよ。脱水しちゃってもだいじょうぶだそうだからね。洗濯機の設定をウール洗い用(弱水流)にして洗って、ゆすいでから軽く脱水し、吊るして干すだけだよ。心配なら、洗濯機をたらい替わりにして、手で押し洗いするといいねえ。
靴下のにおいを取る

嫌だねぇ、靴下のにおい。靴下のにおいを防ぐにはね、洗濯する前に酢水(水に少量の酢を落としたもの)につけておくといいんだよ。においが消えるだけじゃなくって、ばい菌を殺す効果もあるからね、いつも清潔でいられるっていうわけ。これでもう大丈夫だよ。
上へ

し わ
項   目
方   法
パンツに折りジワをつけないしまい方


パンツをたたんで収納すると、いやな折りジワが出来てしまうよね。かといって、パンツをハンガーに吊るして収納する余裕はないからねぇ。そんな悩みを解消するのに、便利な方法があるんじゃよ。用意するものは、新聞紙じゃ。新聞紙を、収納するパンツの本数だけ、丸めて筒状にしておくれ。新聞紙を筒状にしたら、ガムテープか大き目のゴムで留めるんじゃ。これをパンツの二つ折りした部分に挟んでおけば、上からどんどん重ねていっても、折りジワのつく心配がないんじゃよ。それからねぇ、この時、ファスナーやボタンを開けておいたほうが、型崩れを防ぐことが出来るよ。試してごらん。
洋服シワのクセは酢を塗ってプレス

ズボンのラインは、すっと一本通ってなきゃあ、すっきりしないねえ。ワイシャツの畳みじわも、みっともないだろ。洋服に付いたクセを取りたいときはね、酢を使うといいんだよ。取りたいクセに酢を塗って、当て布をして、プレスするだけで簡単に取れるからね。重いものを乗せるか、ぐっと体重を掛けて、その部分をしばらく押すんだよ。まあ一度試してごらんよ。
ズボンの折り目をピシッっと

折り目が消えてしまったズボンってどことなくだらしがないイメージ。ピシッと形を保つには、裏からロウを塗ってアイロンがけを。アイロンの熱でロウが溶け、再び固まることを利用したもので、かなり長時間にわたり効果があります。

旅先で背広のズボンのシワを伸ばす方法
浴槽に熱いお湯を張り、浴室を締切ってその中に背広やズボンを吊すのです。特にズボンを吊す時は裾の方を上にして吊します。少しでも重い方を下にしてズボンの重みでシワを伸ばすのです。そうすると、お湯の蒸気で自然にシワが伸びます。浴室内につるすのは2時間程にして、後は部屋の中に干します。一晩中浴室に吊すと背広やズボンが湿っぽくなるからです。
上へ

洗 う
項   目
方   法
帽子を型崩れさせずに洗う



おしゃれ用の帽子や、麦わら帽子はクリーニングに出したほうがいいけど、夏場にさんざん使ったキャップやハットは自分で洗えるよねえ。心配なのは洗ったあとの型崩れだけど、いい方法があるから教えるね。ザルを1個用意して、そこに裏返しにした帽子をかぶせるんだよ。シャンプーを溶かした液を帽子によく染み込ませてから、ブラシで洗うだけ。洗い終わったらザルにかぶせたまま陰干しにしとくと、型が崩れたり生地が縮んだりする心配がないんだよ。シャンプーが効果的なのは、髪の汚れの成分を分解してくれるからだねえ。
ジーンズの賢い洗い方

ジーンズの藍色はきれいだけど、インディゴは何回も洗ってるうちに色褪せてくるっていうねえ。知らなかっただろ、色が褪せてきたジーンズは新品のジーンズと一緒にぬるま湯で洗えばいいんってこと。新品の色落ちが古いほうに移って、ジーンズの青が蘇ってくるんだから。それから、縮んだジーンズは履くのに苦労するらしいけど、これは繊維が濡れると縦に縮みやすい性質があるからなんだ。だから洗濯のあと、縦に干しておけば縮みを多少防げるそうだよ。洗う時にはね、前のファスナーを縦にぶら下げておくといいねえ。こうやると、ズボンの左右がアンバランスに縮んでしまうことがないっていうから、一度やってごらんよ。
セーターを洗うには

セーターは手洗いが一番。ぬるま湯に中性洗剤を入れて、セーターを押し洗いするの。汚れのひどいところは、ブラシで叩いて洗うとよくとれるんだよ。すすぎも同じように、ぬるま湯で2、3回するといいね。最後に、柔軟仕上げ剤でふっくらさせて。それから干すときは、軽く脱水して、ハンガーや竿には干さずに、平らな状態で干すのが型くずれしないコツ。もちろん、日陰にね。
上手に洗濯する方法
洗濯する時、水を先に入れる? それとも洗濯物かい? ちゃんと順番があるんだよ。まず、洗濯機に水を入れて、次に洗剤を入れる。少し回して洗剤が溶けたら、洗濯物を入れること。そうしないと、淡い色の服が色あせしたり、色の濃い服でも部分的に色ムラをおこしたりするからね、気を付けてちょうだいね。それからお風呂の残り湯を使うと汚れも落ちやすいし、水も節約できるね。
ズックの糊づけ
子どものズックを洗った後はね、糊づけしてやるんだよ。糊づけしておくとね、次の洗濯の時に汚れが落ちやすいんだよ。ちょっとした工夫だね。
木綿の色物を洗うとき

木綿の色物を洗う時、色落ちしないか心配だよねえ。その時はね、洗剤と同じ量の塩を加えるといいんだよ。色止めになるんだよ。
上へ

お 手 入 れ
項   目
方   法

ジーンズを長持ちさせるには


わたしゃ履かないけど、そのジーンズ、古着なのに、とっても高いもんだって聞いたよ。あらあら、もうすぐ股が擦り切れそうじゃないか。昔ねえ、ズボンを買ったらすぐに、内股の部分に石鹸を塗り込んでおくと長持ちするって聞いたよ。石鹸がつるつるしているから、摩擦が少なくて、すり切れにくくなるんだよ。それ以上破けるとみっともないから、試してごらんよ。開きにくいファスナーにも塗ると、動かしやすくなるんだよ。え、このボロボロなのがいいんだって? まったく、わかんないねえ。
ブーツの型くずれ防止に.


冬場には何かと重宝だったブーツ類も、夏には靴箱の奥へ突っ込まれたまま、なんてことになるわね。ブーツは一足ごとに箱に入れて収納するのが一番いいんだけど、それでも型くずれすることが多いんだよ。ソフトブーツはくにゃくにゃになっちゃうし、ハードブーツはへんな型が付いたらもう戻らないそうじゃない。そこで、ブーツをしまっとくのに、雑誌を使う便利な方法を教えようね。
まず、いらなくなった雑誌を丸めてブーツのサイズに合わせるの。丸めたらセロテープで止めて固定して、すっぽりブーツに入れちゃうだけ。そのまま靴箱に入れてしまっとけば、次の季節まで型くずれせずにちゃんとしまっておけるってわけ。雑誌を入れると、湿気の予防にもなるんだよ。カットブーツには、いらなくなった文庫本を入れてもいいんだよ。
レザーウェアのお手入れ 本革は柔らかくていい風合いだねえ。この冬もレザー・ファッションが流行るらしいよ。革の難点は湿気に弱いところだねえ。雨に濡れたのをそのままにしておくと、すぐゴワゴワになってしまうんだから。レザーウェアはね、雨に濡れたらとにかくタオルで水気を取ってやるんだよ。ずぶぬれになった時は大きめのトレーナーをすっぽりかぶせて、水分を吸い取ってやるとうまくいくよ。水気を取ったら風通しの良い日かげで自然に乾かして、乾いたら全体にレザークリームをすり込んでおくといいねえ。ちょっとした手入れでたいせつなレザーウェアも長持ちするから、怠けちゃいけないよ。

洋服に付いたゴミを取るには
「今日は黒できめよう」という日や、紺色の制服やスーツで気になるのが、服に付いている白いゴミだよね。やたら目立ってしまうし、取れにくいよねぇ。これじゃあ、せっかくの洋服がだいなしだねえ。そんなときは、乾いたスポンジを使ってごらん。乾いたスポンジでサッサッと、平面をならすようにするだけで、意外にもきれいにゴミがなくなるんじゃ。また、網戸の掃除をするときもスポンジは役に立つよ。乾いたスポンジをふたつ、両面から当てて、上下左右に動かして、汚れをスポンジに吸着させるんだよ。服に毛玉が付いている場合は、スポンジでもいいけど、軽石も結構いいよ。なでる程度にして、あまり強くこすらないように気をつけてね。
靴下を長持ちさせるには 靴下は履くたびに洗濯するけど、何回も洗っているうちに、すぐに伸びてしまうから困るよね。ビロビロに伸びた靴下じゃぁ、友達のおうちに上がらせてもらうのも恥ずかしいしねぇ。こんな方法はどうじゃ?靴下を洗濯機に入れる前に、靴下は靴下だけ、白と色ものに分けて、輪ゴムでしばってから洗うんじゃ。そうすれば、洗濯機の中で、ほかの洗濯物に引っ張られないから、靴下が伸びにくくなるんだよ。こうすると洗濯物を干すときに、組の靴下がわからなくなることもないから、便利だろう。汚れがよっぽどひどくなけりゃあ、これで十分きれいになるから、試してみておくれ。洗濯する靴下が少ない場合は、縦に丸めて、その上を輪ゴムで止めて洗うんだよ。汚れの多い先の部分を外に出すのがコツじゃよ。まあ、わたしは足袋しか履かないけどねえ・・・。
白い運動靴のクリーニング 運動靴は白さが命だねえ。洗ってもなかなか新品のようにはならないけど、いいものがあるよ。ベビーパウダーを使うんだよ。ベビーパウダーってのはほら、ネックレスが絡んだのを解く時なんかにも便利だろ。まず、白い運動靴を普通に洗って、よく乾かすんだよ。乾いたら、運動靴の布目にベビーパウダーをはたき込むんだ。運動靴のお化粧だねえ。見違えるほど白くなるからやってごらんよ。パウダーでコーティングされてるから、次洗う時も汚れが落ちやすいんだよ。汚れはパウダーの上に付いてるから、パウダーごと洗い流してくれる、というわけだねえ。
香水を長くもたせよう 香水は生き物じゃから、時間とともに香りの濃度が薄れていきがちだよね。買ったときは、ひと吹きで十分な香りだったのに、ボトルの終わりのころには、何回吹いても香りが濃くならない、なんてことはないかい?香水はね、空気に触れる面積が大きいほど香りが失われやすいんじゃ。また、室温が高ければ高いほど、アルコール成分が抜けてしまうんじゃよ。香水の中身が減り始めたら、香水の瓶に小さなビー玉を入れ足していくんだよ。そうして空気の層を狭くしてあげて、香りの飛びを少なくしたら、見た目もカラフルな香水瓶の出来上がりじゃよ。普段使わない香水は冷暗所に保存しておくといいよ。アトマイザーに小分けにして使うのも、香りが長持ちするんだよ。
通勤用背広の簡易クリーニング 衣類は頻繁にクリーニングすることによって消耗します。通勤用背広も毎年ドライクリーニングに出す必要はありません。かわりに10日に一度か月に一度、簡易クリーニングで十分な手入れをすると、風合いも損なわれず、傷み方も少ないようです。簡易クリーニングの方法は、まずポケットのゴミを荒神ボウキなどで払い、洋服の裏を出してハンガーにかけて、日に当てて1時間ほど干し、今度は日陰の風通しのよいところで表を出して30分くらい干します。十分乾燥したら布団たたきでホコリをたたき出します。次に毛足にそってブラシをかけます。次にベンジンをたっぷり含ませたガーゼを袖、前あき、ポケット、袖口、ボタン穴まわりにあてておさえ全体にベンジンが汚れを溶かしたところで、手早くタオルを当てて汚れを吸い取らせます。あと輪染みが残らないように全体をベンジンでぼかしぶきし、さらに熱い湯で堅く絞ったタオルでふいて、アイロンを当て、風干ししてしあげます。
ネクタイ・スカーフの簡易クリーニング
ネクタイやスカーフは思いのほか汚れているものですが、まめに手入れをする人は少ないようです。ネクタイも家庭で洗うことができますから、時々手入れを。手入れ法は、マヨネーズ等の口の広いビンにベンジンを1/3ほどいれ、そこに台所用中性洗剤を小さじ1/2位入れた液を作ります。そして、その中にネクタイをいれてふたをしてビンごと上下、左右に5分くらいふります。ふってから10分位おき、ネクタイを取り出しきれいなタオルの間にはさんでベンジンをタオルに吸い取らせます。ベンジンは揮発性がありますのですぐ乾いてきますが、さらに風に当てて乾かし、あとはスチームアイロンで仕上げます。同様にしてスカーフも洗います。なお、ベンジンを使うときは、火の気の無いところで使うのはもちろん、保管も火気の無いところにおくように十分注意しましよう。
伸びてしまったニットにスチームアイロン
お気に入りのニットは、ついつい着る回数が増えてしまうものだよねえ。でも、ニットはなかなかデリケートな素材じゃから、すぐに袖口が伸びてしまうのが嫌だねえ。だから、ゴム編みの縮みやすい性質を利用して、ニットを復活させよう。使うのは、スチームアイロンじゃよ。アイロン台の上にセーターの袖口をのせておくれ。戻したい幅を決め、袖口のわきにマチ針を、左右2本づつ打つんじゃ。この時、マチ針の外に出ている部分が2cmほどになるようにして、あとは、スチームアイロンをマチ針の高さに浮かせて持ち、スチームをたっぷりとかけるんじゃ。スチームをかけた後は袖口が濡れるてるから、乾かさないとな。だけど、乾燥機にかけたり、ドライヤーを当ててはいけないよ。形崩れしたり、毛糸が傷んだりするからね。ゆっくり、じっくり自然乾燥じゃ。乾いたら、ニットは元どおりに戻っているよ。
天気が悪い時に靴や衣類を乾かす方法
天気がよくない時って、洗濯物を干しても、なかなか乾かないよねえ。乾燥機があればいいけど、ない時は本当に困っちゃう。手早く洗濯物を乾かしたい時にはね、いい方法があるんだよ。厚手のビニール袋にね、洗濯物を入れるんだよ。それでね、ドライヤーの風をビニールの中に入れるんだよ。こうするとね、乾燥機と同じ効果があってね、短い時間で乾かすことができるんだよ。ドライーの温風が行き渡るようにね、時々全体を揺るのがコツだよ。
アイロンの上手なかけ方

アイロンは、左手の使い方しだいだとよくいわれるねぇ。左手の指先でキューと引っ張りながら上手にアイロンがけをしましょ。でも、アイロンの滑りが悪くなったら、タオルかハンカチの中にろうそくを削ったものをいれといて、その上を一滑りさせると、途端にアイロンの滑りが良くなるよ。
バッグのお手入れにバナナ
ちょっと変わった、皮製バッグのお手入れ方法をお教えします。バナナの皮を使います。内側の白いヌルヌルした部分をバッグにこすりつけます。その後乾いた布で拭けばピッカピッカに輝きます。
上へ



リ サ イ ク ル
項   目
方   法

スポンジに利用


セーターの袖を切りスポンジ代わりに使ってみて下さい。湯飲み茶碗の茶しぶが落ちないときも、このスポンジでこすり洗いすると綺麗になります。

シートカバーに利用


セーターやトレーナーはよく伸びるので、車のシートカバーに使ってみませんか?袖の部分は裏返して胴体部分に入れておきます。カーディガンなら後頭部席を正面にして着せ、ポケットが便利な小物入れになります。この方法は小さなお子さんを連れた車で旅行に行くときに活用してみては?
クッションに利用
古くなったセーターはクッションの中身として使ってみましょう。セーターをくたびれたTシャツなどでくるんでクッションカバーの中に詰め込みます。クッションを洗濯するときも、セーターを取り出してハンガーに吊るして干すことができ、清潔に過ごせます。
便座カバーに利用

セーターの袖の部分を切り取り、様式の便座に通すとぴったり合います。便座に腰掛けると暖かいですよ。胴体部分はふたのカバーに変身させて有効に使って下さい。
パッチワークに利用
パッチワークの要領で適当な大きさにの四角に切ってしまいます。また別の色のセーターも同じように切り、パッチワークの要領で端がほつれないように裏布をあてて、ミシンで縫い合わせてしまいます。バッグやスカートにリフォームできますよ。
ストッキングで靴磨き
履き古しのストッキングで靴を磨きます。クリームなどは一切不要。ストッキングを磨きやすい形に丸めカラ拭きすれば靴はピカピカになります。
針金ハンガーでも洋服が型崩れしない
クリーニング屋さんでもらう針金ハンガーは、細すぎて使いにくい。そこで、肩パッドの要らなくなったものを、ハンガーにホッチキスでとめると、セーターをかけても肩の部分に丸みができ、突っ張った感じにならないので便利。
防水スプレーの便利な使い方
洋服や鞄、スキーウェアなどに使う防水スプレーって、けっこうスグレモノなんだよ。まずは、買ったばかりの家具。30cmほど離れたところから防水スプレーをまんべんなく吹き付けてごらん。たったこれだけであとの手入れがずいぶん楽になるんだから、やっとくにこしたことないねえ。それから、雨傘やレインコートにも使えるね。どうせ濡れるものに防水スプレーなんかって思わないでやってごらんよ。やっとくとね、雨粒をよく弾くから、傘を閉じたときの雨粒の残り方が違うんだよ。やり方は家具と同じで、まんべんなく吹き付けるだけ。ただし、部屋の中でスプレーする時は換気を忘れちゃいけないよ。

 
上へ


困 っ た と き に
項   目
方   法
ジッパーのすべりを良くするには? ジャンパーやスラックスのジッパーのすべりが悪くなったら、ロウソクをすり付けて2〜3回開閉するとすべりが良くなります。簡単な作業ですので思い付いたらいっぺんにやってしまうといいかも知れませんね。
ロングスカートをはいて階段を上る時裾を踏まない方法 階段を上る時スカートの裾を後ろに蹴りながら上るとスカートの裾を踏まずに階段を上る事が出来ます。
きつくなったズボンやスカートが楽にはけるようになる方法

ファスナーやズボンが締まらなくて、なかなか容易にはけない時、寝ころぶとラクにはけます。

アイロンのテカテカを消す方法

長い間着ている衣類って、擦れたりアイロンによって、テカテカになってしまうことってあるよねえ。学生服なんかで、よくあるよね。 あのテカテカをね、消す方法があるんだよ。知ってるかい。まず、お酢とお水を用意して。お酢=1、お水=2の割合で、コップ半分位の量の酢水を作るんだよ。この酢水をね、衣類のテカテカの部分に、軽く浸したタオルで塗ってから、低めの温度のアイロンをかけるんだよ。そうするとね、テカテカが綺麗に消えるよ。今度試してごらん。
マニュキアをすばやく塗るには

おや、おでかけかい。お急ぎのようだね。マニキュアを早く乾かすにはね、塗った後に、手を氷水に10秒くらい、さっと浸してごらん。すぐ乾くんだよ。あと、マニキュアを塗る時に、テニスボールを握りながら塗るときれいに塗れるんだよ。今度やってごらん。
ファスナー(ジッパー)のすべりを良くする

ジーンズやジャンパーなどの洋服や、シーツなどのファスナー(ジッパー)は、一度布を噛んじゃうとやっかいだよね。ファスナーのすべりが悪くなった時、役に立つのが仏壇や神棚のろうそく。ファスナーの端から端まで丹念にロウソクを塗り込んで、ファスナーを数回上下に動かすだけでいいんだよ。たったそれだけで、ファスナーの走りはまるで新品のように滑らかになっちゃうんだからね、騙されたと思ってやってごらんよ。
洋服のホコリよけ

洋服にだってホコリが溜まるんだよ。たんすに吊しておいても、いつのまにか襟や肩口にホコリが積んじゃうんだからね。予防にはね、ゴミ袋を使うといいねえ。洋服がすっぽり入る大きさのゴミ袋の底の中心に、10cmくらいの切り込みを入れるんだよ。その穴にハンガーのフックを通して、たんすに掛けるだけ。これで、服にホコリが溜まる心配はなくなるんだから。
ファスナーに布がからんだときには

ファスナーにからんだ布を取るには、無理に引っ張っらないようにしておくれよ。うまく取れたらいいけど、勢いあまって「ビリッ」なんてことになったら、取り返しつかないからねえ。そんなときには、ドライバーの出番。マイナスドライバーがいいよ。ファスナーの構造は、上の部分だけがつながっているから、ファスナーとからんでしまった布のほうに、ファスナーの下の部分からドライバーを差込み、布をゆっくりと引っ張ってあげるんじゃ。このとき、コツとしては、ドライバーを少しひねってあげればいいね。ファスナーのスライダーがさくっと持ち上がって、からんでいた布を抜くことができるんじゃよ。また、ドライバーを差し込む前に、ファスナー部分をドライヤーで少し温めておくと、ファスナーが壊れにくくなるよ。ドライバーをひねるときにあまり力を込めてしまうと、ファスナーが壊れてしまうから、慎重にゆっくりと力を入れておくれ。
「白」の作用で、元気な顔色

不規則で短い睡眠時間が続いている、体調を崩している、悩んでいる、落ち込んでいる...そんなとき、人に「最近疲れてる?」なんて聞かれたりしないかい?そんなときは、色の魔法を使って、こんな工夫をしてみてはどうだい。とにかく、自分の顔の周りに「白」を置くんだよ。白のイヤリングでも良いし、白のコサージュや白いヘアバンド、白い襟のシャツも良いね。白を顔の周りに置けば、顔がとても明るく見えるんだよ。鏡を見てごらん。自分も元気になった気がしてくるよ。昔から、白は人を綺麗に見せるって言われているんだよ。『色白は七難隠す』と言われるとおり、白い肌や歯というのは、清潔感や輝きが感じられる色なんだよ。でも、元気に見えるのは、あくまでも錯覚じゃから、体調を整えるのを忘れないでおくれよ。
上へ


おしながきへ